ほうれい線を消すための施術【意外と手軽な整形術】

ウーマン

顔の深いシワを防ぐ方法

美容整形

家庭でできる改善方法

年齢と共に顔にほうれい線がくっきりと出てきますが、主な原因は肌のたるみと乾燥です。1度できてしまったほうれい線を消すことは難しいですが、日常生活の中で工夫することで改善することは可能です。たるみが原因の場合、特に人気のある改善方法がツボ押しです。誰でも簡単にできるので人気があります。リンパの流れが悪化したり、水分が皮膚の下にたまると顔にむくみが出ます。そうするとその重みで皮膚がたるみ、ほうれい線がくっきりと表れるのです。リンパの流れを良くするためのツボ押しをすると、むくみがとれて、ほうれい線も改善できます。ツボ押しのポイントは下唇の下の部分を人差し指で数秒押します。さらに口角の部分を同じように押します。最後に鼻の下から小鼻の脇、頬骨に沿って耳の前までのツボを押して刺激すると、リンパの流れが良くなります。また、表情筋をきたえるフェイスエクササイズも気軽にできるので人気があります。これは箸を口にくわえて上下の唇をつけたまま口を左右に広げるだけです。最後に口角を上げて歯を見せて笑うと効果のあるエクササイズができます。日常生活でもよく笑う習慣をつけるとほうれい線を消すことができます。人との会話も表情筋を鍛える効果につながります

ヒアルロン酸注射で消える

肌の乾燥もほうれい線の大敵です。肌の乾燥予防には保湿が重要ですが、加齢によって肌の角質層にあるセラミドが少なくなると水分の保持能力が低下します。保湿効果の高いセラミドの配合された化粧水をつけると効果があります。また、美容整形によってヒアルロン酸注射をするとほうれい線を消すことができます。ヒアルロン酸もセラミドと同じく体内に存在して皮膚の柔軟性や弾力性を支える保湿成分なので、注入しても副作用の心配がないのです。美容整形で行われるヒアルロン酸注射の特徴は、5分から10分程度の施術によってほうれい線を消すことができることです。注入したヒアルロン酸が真皮の内側から肌を持ち上げるので、ほうれい線の溝を消すことができるのです。1回注入すると効果が半年ぐらい持続しますので、継続して施術を行うことによってほうれい線を消し去ることが可能です。整形治療後は肌の腫れも内出血もないので、翌日から普通に生活をすることができます。メイクも施術直後から行うことができます。この即効性により、美容整形で施術を受ける女性が増えているのです。ただし実績のある美容整形クリニックにかかることが大切です。ネット上には実際に経験した人の口コミが載っているで、それらを参考にすると選びやすくなります。