ほうれい線を消すための施術【意外と手軽な整形術】

ウーマン

フェザーリフト

女性の医師

顔に出るシワ

顔にシワができていると、実年齢よりもグッと老けた印象になってしまうため、悩んでしまう人が多いです。美容外科クリニックを受診してシワを消す治療を受ける人がたくさんいますが、シワの種類によって効果のある対処法が変わってきますので、注意が必要です。たとえば、小鼻の脇から唇の両端にかけてできたシワを消したい場合は、フェザーリフトという名前の美容整形治療が有効です。小鼻の脇から唇の両端にかけて伸びるシワのことをほうれい線と呼びますが、ほうれい線を消すためにはフェザーリフトを受けるのが一番効果的です。顔にできたシワを消す美容整形治療といえば、メスを用いるリフトアップ手術が有名ですが、ほうれい線のように顔の中心部近くにできたシワの場合、リフトアップ手術ではキレイに消すことができません。リフトアップ手術で消すことができるのは、顔の外縁部近くに生じているシワです。表情ジワやほうれい線をリフトアップ手術で消すことはできませんので、注意する必要があります。フェザーリフトというのは、特殊な糸を用いて肌たるみを解消する美容整形治療の名称です。同じ美容整形治療でもクリニックによって別の名称がつけられていることがありますので、実際に治療を受ける際には、事前にどのような内容の治療なのかをキチンと確認してみることが大切です。

今後のシワ治療

今後のシワ治療は、リフトアップ手術以外の方法が中心になっていくだろうと考えられています。リフトアップ手術を受ければ、かなり症状が進んでしまった重いシワでもキレイになくすことができるのは事実ですが、先程も述べたように、シワの種類によっては期待するほどの改善効果を得ることができません。また、皮膚にメスを入れることになりますので、体が大きなダメージを受けてしまいます。体にできた傷が完全に回復するまでの間は、患部の腫れや痛みに悩まされてしまうことになりますので、日常生活に何かと支障が出てしまいます。今は、女性でも仕事を持っているのが当たり前の時代になっていますので、術後に何日も仕事を休まなくてはならないような手術を気軽に受けられるような人はほとんど存在していません。ですので、リフトアップ手術よりも、もっと体にかかる負担が少ない治療方法が主流になっていくだろうと考えられています。先程述べたフェザーリフトも低侵襲手術の1つに数えられていますが、それ以外にも、ヒアルロン酸注射やボトックス注射を用いる方法、高周波治療、超音波治療などがあります。注射を打つ方法が一番手軽ですが、フェザーリフトの方が治療効果の持続期間が長いため、今後はフェザーリフトを受ける人が増加するだろうと予想されています。